<< 2017年3月13日 刺激を受けると言うことは大切なのか否なのか・・・。 | main | 2017年3月15日 3,11が過ぎ4日目・・・。 >>

2017年3月14日 アイディアが浮かんだ時こそ注意、意識することが大切。 

作品制作を考えている時や日常の生活でアイデアが浮かんだりと致します。

そのアイデアこそが自身のテーマへ繋がる大切な切っ掛けの始まりだと思います。

 

アイデアをアイデアだけにとどめて、作品制作を試みると何時か見た写真展や写真集の中の何処かに無意識の中で影響をうけ似た(モノマネ)作品に成りかねません。

そうしないためにもアイデアが浮かんだ時、アイデアの源を自身の内側に探ることが必要ではないでしょうか。

アイデアの源を探り自身の求めているテーマと符号させ試行錯誤をしていくことが大切に思えてなりません。

 

アイデアは過去の経験や見聞したものから生まれます。

過去に見聞したものをそのまま踏襲するならば単なるアイデア倒れの作品しかなりえません。

 

しかしより多くの経験を積んだり、見聞をしなければアイデアも浮かびません。

経験、見聞した量だけアイデアは浮かぶに違いありません。

私達が作品を制作する上で経験、見聞は欠かせない行為です。

 

その経験、見聞した知識から生まれたアイデアを自身の個性の中で熟成させることが大切に思えてなりません。

私の青春時代と違い、世界の新しい表現スタイルや情報がネット上で、その気なれば瞬時に見聞出来、アイデアの切っ掛けを見出せます。

それだけにアイデアのアイデアではあっては意味がないことになります。

 

アイデアはあくまでヒントであり、自身のアイデンティティに刺激を与えたり、アイデンティティの源を見つける切っ掛けに致さねばなりません。

オリジナリティーは本人のアイデンティティを熟成させたものと考えられます。

 

アイデアを大切にし、自身のアイデンティティを熟成させることでオリジナリティーのある作品が生まれると信じます。

 

■下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2017.04.26 Wednesday
  • -
  • 09:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links