<< 2017年6月30日 北桂樹さんの台北・1839當代藝廊の体験談、ご報告。 | main | 2017年7月4日 台湾より美術関係者の方々が・・・。 >>

2017年7月3日 一枚の作品は人の幸せを呼ぶ・・・。

濱田トモミさんから下記、ご連絡を戴きました。

濱田トモミさんは北海道・恵庭市に在住されながら日々写真活動をされて居られる。

渡邉博史さんの6月のトークショーに北海道からわざわざギャラリー冬青までこられた。

 

その時に、ギャラリー冬青で、お預かりを致している渡邉博史さんの作品の中から1作品をお求め戴いた。

その作品をお送りさせて戴きました。

下記、濱田トモミさんから下記、ご返事を戴きました。

 

一枚の作品は人の心に印象深く、強く人の心に感動を与え、影響を及ぼし、写真を志す(アマチュアもプロも全く関係無く)人にはなおのこと、濱田トモミさんからのご連絡の中から認識を改めてさせて戴いた。

 

一枚の作品から、お一人、お一人の繋がりで写真文化が根付き、広がりを見せて戴ければ、コマーシャルギャラリーを開かせて戴いている者として、こんな嬉しいことはありません。

一枚の作品に感動をし、喜びを伝え、コレクターの方々、写真家の方々、ギャラリストとして分かち合えたいと思うばかりです。

 

【壁に何を飾りますか?】

 

購入したプリント1点がギャラリーから届きました。

 

今まで自室の壁に、故・白岡順氏のモノクロを飾っていましたが。

本日届いたプリントに掛け替えようとおもいます。

 

多くの作家と作品が存在する中で、1枚を選び自分のモノとする行為は。

その1枚に、多々な価値を見出しているのです。

 

私の作品も壁に飾って頂いている。

もしくは、コレクションの一つに加わっている。

一生懸命撮影し丁寧にプリントしようと、自室の壁に飾った写真を見るたびにおもうのです。

<IMG_1828.JPG>


スポンサーサイト

  • 2017.07.21 Friday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links