<< 2017年7月6日 2017年6月29日 何を撮るのではなく・・・の続き | main | 2017年7月10日 筑紫拓也写真展「ILLUMINATI0NS」 >>

2017年6月7日 自身のアンテナの感度を高めることが必要・・・。

何かを表現しようとした時、する時、自身のアンテナの感度の精密、精度が求められます。

その感度の精密、精度の質に相応して可視化されます。

 

自身のアンテナの感度の精密、精度をたかめるには、自身の趣味の範囲を広げることはとても大切な行為です。

しかし、単に趣味の範囲を広げても意味はないと考えます。

浅く広くは結果としてなにも残らないことに繋がりかねません。

 

深く掘り下げていくことが大切に思われます。

その掘り下げた趣味を一つ、一つ増やして行くことが大切ではないでしょうか。

私の好きな言葉一つに「一芸は百芸に通ずる」と言葉があります。

一つの芸を極めると百の事柄に繋がると言う意味ですが、一つ、一つの趣味を極めて行くことが大切だと思います。

 

今、ネット情報の発達で手っ取り早く知識を得れば、事足りたりという雰囲気があるような気がしてなりません。

先人が極め探求した知識の蓄積や業績、知見は今なお輝いていることを私達は知るべきだと思います。

読み解くことは難しいかも知れません。

しかし、この鍛錬、訓練、習慣こそが自分自身の栄養となると信じます。

解らなくても、時間が掛かっても読み続けることが大切です。

時としては目で活字だけでも追うことでも構わないと思います。

 

アスリートが鍛錬の末にトップに至り、挑戦権を得ることに似ているかも知れません。

一度、目で活字だけでも追って見た書物でも、二度、三度繰り返せば必ず何がしかを得ると信じます。

 

表現者は自身の器を大きくするしかないのではないでしょうか。

器を大きくすればする程、表現は豊かに説得力を増すと考えます。

写真装置を使わざるを得ない写真表現には近道はないと思います。

 

自身の核となるものを探求し、一つ、一つ核を増やしていくことが大切ではないでしょうか。

 

ネット上の情報だけに汚染されることを危惧致します。

 

■下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 10:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links