<< 2017年10月2日 技術、技法だけでは無意味・・・。 | main | 2017年10月4日 過剰反応しすぎることは良くない・・・。 >>

2017年10月3日 レビューを受ける本当の意味合い・・・。

今、各地、各場所で写真家やキュレターの方々を呼びしビューが行われています。

私はしビューに参加しても良いが一喜一憂することはありませんと書いて参りました。

 

私もレビュアーとして参加し経験、体験して日本人の姿勢に解ったことが二つあります。

1.自分の作品を評価、評論して欲しい。(どのレベルにあるのか)

2.自身の作品の売り込み。(ギャラリー・出版社・各種展示スペースなどなど)

 

圧倒的に日本人の写真家に多いことは「1.自分の作品を評価、評論して欲しい」ということです。

何のために、この場まで来て作品の評価、評論を受けにくるのかと度々思います。

レビューの場は自身の作品の評価、評論を受ける場ではなく、自身の作家力を売り込むべき場だと思います。

自身を作品を売りこむことが、レビューの場だと高橋は理解しています。

 

積極的に自分(写真家であること)のことや作品のことを語るべきだと参加をさせて戴き感じます。

レビュアーからの質問に終始することが多い様な気がしてなりません。

 

レビュー費を払い、時間を使って参加するのですから「2.自身の作品の売り込み。」をレビュアーに積極的に行うべきだと何時も思います。

自身をアビールする場です。

レビューに参加した権利はしビューを受ける側にあります。

レビュアーを洗脳する位の勢いと決心、決意、意気込みを持ってレビューに参加しないと意味がないことになります。

 

現在、外国で活動をしている写真家から話を聞いたことがあります。

彼女はあるレビューに参加したそうです。

レビュアーから貴方の作品はナンセンス、私には理解できないと「ぼろかす」にいわれたそうです。

彼女はそのレビュアー対して、こう切り返したそうです。

OK。貴方に理解をして欲しいと思っていない、私はこのポートフォリオレビューに参加するために、お金を払い5人のキュレターに見てもらえる権利を保有している。

貴方は主催者側の一人として、私の作品を理解出来るキュレターを紹介する義務がある。

私の作品を理解出来るキュレターを紹介して欲しいと切り返したそうです。

ならば○○○さんに会いなさいといわれ別のレビュアーを紹介されたとのこと。

 

写真家の彼女はいまでも海外に移住し作家活動を続けていられる。

 

ポートフォリオレビューの場は参加の自身を作品を売り込む場です。

評価や評論を受ける場では決してないと思います。

レビューを受ける権利は受ける側にあるということを強く認識し受けることが大切です。

 

仮に感触の良い評価をもらったとしても、後の作家活動に繋がらなければ何の足しにもなりません。

自身を作品を理解してくれるレビュアーが必ずいるはずです。

 

一喜一憂せず良きレビュアーを探して下さい。

 

下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。

 


スポンサーサイト

  • 2017.12.11 Monday
  • -
  • 10:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links