<< 2017年10月11日 写真表現は社会の中で息づいていく・・・。 | main | 2017年10月13日 ディスカッションをするにはルールが必要・・・。 >>

2017年10月12日 異なる意見、観方があるからアートは面白い。

アートは異なる意見、観方があるからこそアートは面白いと思います。

アートには物理的、科学的など一つの答えを導き出すものではないと思います。

一つの答えを欲しい、導き出すなら「AI」の方が良いかも知れません。

宇宙が膨張を続けているように無限大に観方、考えかたがあって当然です。

日によって観方、考え方、感じ方が変わってくるかも知れません。

その不安定な要素こそがアートの楽しみ方と感じます。

 

作家は一つのテーマをもって作品を可視化して参ります。

果たしてそのテーマは固定的で永遠なものでしょうか。

一度、可視化されたテーマであっても時代の流れ、社会的背景で価値そのものが変化されると考えられます。

普遍的なものではないことだけは確かだと思ってます。

 

先日、ブログに書きましたがレンブラントの傑作「夜警」が良き例だと思います。

この「夜警」は発注者から受け取りを拒否されますが、時代をへてこのレンブラントの「夜警」はこの時代の傑作だと高い評価をされています。

 

作家やギャラリストは一定の価値、方向を定めて見に来ていただいた方々に説明を致します。

作家のテーマに沿って。

しかし、作品を観た人は全く違った、観方、感じ方をしているかも知れません。

そこで大切に思われることは、全く違った、観方、感じ方をされる方が居られたら、一旦それを素直に受け入れディスカッションをして作品の幅を広げ、互いに理解を進めることが必要に思えてなりません。

ディスカッションはディベートではありません。

コトの白黒をつけるということが本旨ではありません。

 

ディスカッションが高じてディベートになることは経験上、ままああることですがそれはあくまで主たる目標ではありません。

いうまでもありませんが、ディスカッションの効用は、お互いの考えや価値観をやりとりしているうちに、それぞれの考えが思いがけない方向へ導かれていくとも多くあることにあります。

 

作家やギャラリストは意識、無意識の内に一つの方向へ導こうと致します。

その答えを充分に答えられなかったり、満たされないときには不安を感じたり、自身の作品に対しての信頼も揺れ動くこともあるかも知れません。

そのとき作家やギャラリストは知らず知らずの内にディベートになっているかも知れません。

言葉にしないながらも心の内はディベートをしているかも・・・。

無論の無論のこと、作家やギャラリストは、作家の意図とするところを説明する責任が化せられていることは間違いもない事実です。

 

その上で観て戴く方々の多様な感性を受け入れて、ディスカッションすることがより大切に思えてなりません。

繰り返します、ディスカッションをすることにおいて、それぞれの考えが思いがけない方向へ導かれていくことを信じます。

アートの理解は膨張を続ける宇宙のごとき限りなき無限大の見方、感じ方があるはずです。

時代や社会背景、もっと小さくは日々の自身の心境の変化で観方、感じ方が変わるかも知れません。

自分自身の銀河系に留まらす、思い切って宇宙へ飛び出しては如何でしょうか。

 

ディスカッションの機会を一つでも多く見つけ、その機会を利用することをおススメ致します。

 

今日のブログは大木啓至写真作品集「Qualia」の編集をへて、完成されました作品集を改めて読み解き感じたことを書かせて戴きました。

決して本日のブログは写真家・大木啓至さんの考えやテーマを反映したものではございません。

あくまで高橋が感じたことでございます。

写真家・大木啓至さんとディスカッションが出来ればと思って居ます。

 

※明日のブログはディスカッションのルールについて書きたいと思います。

明日のブログはディスカッションのルールについて書きたいと思います

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2017.10.18 Wednesday
  • -
  • 10:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links