<< 2017年11月6日 先週の金曜日、名古屋・丸善名古屋本店さんへ・・・。 | main | 2017年11月8日 アート(写真)は自身の根拠に入れるかが問題だと思う・・・ >>

2017年11月7日 「ハンス・アビング」のことを調べていたら・・・・。

ハンス・アビングのことを調べようと思ったら、下記のようなことが書かれていた。

これはアーティスとの全員、アーティストを目指す人、教育者全体の問題として捉えなければ成らないのではと思い、全文をそのまま掲載させて戴きました。

アート関係の一部を担うものとして自身のことの様に感じ、思えてなりません。

皆さんはどう感じられますか・・・。

 

萬代屋宗安

とても面白い本でした。著者のハンス・アビングはアーティストであり経済学者でもあります。彼は私が芸大に入ってからずっと疑問に想っていたことをすべて解明してくれました。なぜ、芸術に携わる人、特に芸大の教師達が商業を嫌うのか。それは芸術を『神聖なもの』と見る思い込みが原因だったのです。19世紀末にボヘミアンアーティストが多数生まれた頃からそのような思想が定着したようです。しかし、結果として、多数のアーティストが食えない。食えないことを礼賛するアカデミズム。しかし、それではいけないと私は思います。商業を排除し、助成金にたよる事が一層貧しいアーテイストを増産する結果となっている事も著者は解明している。著者が最終段階で書いていることも私と同意見でした。アートを神聖なものだと想うことが、アーテイストを誤った信念へと導いている。間違った信念とは、『霞を食べて創作する』事です。しかし、私は本当の芸術というのはそんなもんじゃないと想います。人の暮らしを豊かにし、感動を与えるのがアートであって、感情や信念の勝手なばらまきはアートでもなんでもないのだと想うのです。私は食える芸術家・工芸家を育成しなければならないと想います。この本は、私のそんな考えの裏打ちをしてくれる名著でした。

 

芸大や美大で学ぶ方の中には、プロとして芸術で食べていきたいと想っている方も少なくないと想います。

しかし、私の知っている限り、商業的な作品をこき下ろす教師達も多々いるように想います。

 

『純粋芸術』に対して『応用芸術』と呼び、いわゆるローアート扱いをするのです。

 

しかし、私は断言します。

芸術にローもハイもない。

あるのは名作と駄作だけです。

売れると言うことは、生活の中に入るということであり、作品が生活者を豊かにする機会を得るということです。

作品がこの世に生まれてくる事に於いて、これ以上のシチュエーションは無い、と私は思います。

写楽や広重、北斎がそんなに高尚な気持ちで描いたと想いますか

芸術の使命というのは、人の生活を豊かにすることです。

アーテイストの勝手な感情の発露なんかでは断じてありはしない。

500ページを越える分厚い本で、かなり読み応えがありますが、

芸術や工芸でプロになろうとする人、特に大学などで高等教育を受けている人には特にお勧めしたい本です。

私は、芸術家・工芸家が豊になり、幸福になるために、この『神聖な物からの呪縛』から解いてあげたいと想います。

 

青字の個所は特に私が納得し、理解する個所です。

書物の名前は出ていませんが恐らくハンス・アビング著「金と芸術なぜアーティストは貧乏なのか」の一節だと思われます。

ハンス・アビングは芸術に対して、芸術家に対して多くのテーゼをしています。

 

※お知らせ

11月17日(金曜日)19時より大木啓至写真展にともないトークショーを開催させて戴くことになりました。

大木啓至&北桂樹、司会進行・湯本愛(ギャラリー冬青)

是非、ご参加下さい。

先着30名様 会費1,000円

※お申し込みはギャラリー冬青 <gallery@tosei-sha.jp>のメール、電話03-3380-7123にてお願い致します

 

■9年前より冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博の年賀状は止めさせて戴いております。

 皆様におかれましても、ギャラリー冬青・冬青社・高橋国博宛ての年賀状はご無用と存じます。

 ブログ上で大変恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 10:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links