<< 2018年2月22日 台湾のギャラリー1839ご夫妻と | main | 2018年2月26日 先週の土曜日に・・・。 >>

2018年2月23日 感じることは考えること・・・。

工芸品やアートを見て面白いとか、面白くないとか、何かを感じたいと思うのであれば、考えることが大切に思います。

考える種を多く持ち得た人は、より多く様々なことを感じるとことが出来ると思う。

人生もそのものが豊かになるのではないでしょうか。

考える習慣を身に付けることが大切だと思う。

 

それは日常生活においても同じことが言えるのでは・・・。

私たちはこの度、ヨーロッパの三都市を旅を致しました。

数多くの方々にご自宅にお呼び戴きディナーの招待を受けました。

素晴らしく食卓のマナーの美しいこと。

子供達も含めて食卓のマナーの美しさにみとれてしまいました。

この様な食卓を毎日と思うと、我が家の食卓を考えずに居られなかった。

とても気恥ずかしくなっていたことを思い出します。

 

様々なものを見て感じることは、その土台となる物指しが備わっているからではないでしょうか。

自身の物指しはと考えてみてはどうでしょうか。

工芸品やアートを見て感じたいと思ってみても、その土台がなければ考えるすべもないと思われます。

 

数多くの作品を見たり、聞いたり、学んだり自身の土台となるもとを脹らまさねばと考えます。

どんな駄作であっても、駄作としての感じ方があるはずです。

なぜ、自分には駄作として見えるのかその根拠を考えることも必要に思えます。

 

秀作と感じたら、面白いと感じたら自身のどこに触れたのか考えて見ては如何でしょうか。

単なる秀作、面白いで終わらせないことが大切に思えます。

ただし単に書物やガイドブック、評論家の批評、評論を鵜呑みにせずに自身で感じ、考えてみてはと思います。

 

しかしながら、単に自身の物指しだけて終わらせることはとても危険な行為だと思います。

考える行為には学習というたいせつなことがあることを理解、認識すべきです。

学習をした上で、自身の物指しを脹らましたうえでということが大切に思えます。

 

感じることは考えることではないでしょうか。

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。

 


スポンサーサイト

  • 2018.09.20 Thursday
  • -
  • 09:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links