<< 2018年3月26日 アートはエンターテイメントの巣窟。 | main | 2018年4月5日 今年の「ART | BASEL HONG KONG」について。 >>

2018年4月4日 香港ブックフェアーから戻って参りました。

一昨日、香港ブックフェアーから戻って参りました。

毎年「ART | BASEL HONG KONG」に合わせて、禅フォトギャラリーのマーク・ピアソンさんがブックフェアーを開催されている。

今年で4回目。

冬青社は1回目から今年の4回目までブースを出させて戴いている。

 

今年の冬青社は渡部さとるさん、亀山仁さん、フォトグラフーハルさん、北桂樹さんが参加して戴いていた。

初日、亀山仁さんの「Myanmar」の売れ行きが凄かったのに対して「Thanaka」が1冊も売れなかった。

「Thanaka」のタイトルが理解出来ないのかと思い、シールで「Thanaka」の横に「Myanmar」と貼付けたが思う様に売れない。

亀山さんも流暢な英語で説明するのだがサッパリ売れない。

横で見ているとテースト(クオリティー)との問題ではないかと思った。

写真作品集を買って戴く時、ことのほか写真集のクォリティーを気にする人が多かった。

写真作品集「Myanmar」の方がクオリティーは上がっているのは以前に私のブログに書いた通りです。

 

須田一政さんの人気は毎年凄い。

持参した写真作品集は毎年完売。

今年も20冊持って行ったのだが完売した。

須田一政さんが有名なのか、作品が面白いのかまだ分析はしきれていない。

須田一政さんと同時期の有名写真家の写真作品集を展示するのだが売れ行きは芳しくない。

例年であればバイャーが数人来るのだが、バイャーらしき人は来なかった。

それに引きかへ一般の人が例年より多かったとのこと、毎年参加している北桂樹さんの弁。

 

宿舎はB&Bの9人泊まれるところを予約したのだが、個室が2っ・子供用の2段ベットが1部屋・リビングにソファーベットが1つ。

唖然とした私たち。

渡部さとるさんどうやって9人が寝られるのかと・・・。

ジャンケンをして部屋割りをすることにした。

一番良い部屋はジャンケンに勝った渡部さとるさん。

次に勝ったのが北桂樹さん。

私が負けたのでリビングのソファーベットに寝ることが決まった。

ベットを作るためにソファーを広げたのに、ソファーがフラットに成らない。

真ん中が谷間になりVの字に・・・。

そのまま4泊することになった。

皆がトイレに行くたびに私のリビングを通ることになる・・・。

 

ハルさんは足がベットからはみ出すと言って足まげくの字で寝るはめに・・・。

毎日、近くのレストランで朝食、夕食をしその後23時近くハルさん行きつけの甘味処へお付き合いをした。

糖尿病の薬を飲んでいる私には次回の検査がとても心配。

昨日より節制をしているが・・・。

 

フェアーに参加するにはこのB&Bの宿舎はとても良いと思った。

その日の反省や次の日の戦略の話が出来るから。

しかし、もう少々良いB&Bの宿舎に泊まりたい。

 

写真作品集のクオリティーは必然不可欠だと感じた。

モット研鑽を積まなければと思う香港ブックフェアーでした。

 

「ART | BASEL HONG KONG」の報告は別の日にでも。

 

第5回目の=『作家の頭の中見せます』-「本棚か語る作家の素顔」を開催致します。

 今回の本棚は北桂樹さんの本箱の一部を切り取ってお持ち戴けることになりました。

 

●先着10名様まで会費、無料。(後3名)

 4月11日午後19時〜21時まで

※お申し込みはギャラリー冬青 <gallery@tosei-sha.jp>のメール、電話03-3380-7123にてお願い致します。

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2018.04.19 Thursday
  • -
  • 09:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links