<< 2018年7月25日 デジタル作品の最終形・・・。 | main | 2018年7月27日 芸術とはなんなの・・・。???。 >>

2018年7月28日 昨日、六本木まで・・・。

昨日、3時過ぎ位だと思う。

六本木にある「禅フォトギャラリー」に所用があり、手で持って行くのには少々重たく、自動車では駐車場からでは遠く最終的には90CCのスクーターに20kg位を積んで向かった。

行きは渋谷を抜け、246号線に出て高速道路の下を走り六本木交差点を右折して「禅フォトギャラリー」へ。

 

野村ニナさんと少々雑談をさせ戴き、帰りは青山をぬけ、神宮外苑に立寄り、国際競技場の工事現場を観て、原宿、代々木、中野へ帰り着いた。

19時を回っていたと思う。

様々な情報で都心の工事のことは聞いていたが、実際にスクーターで走りながら観てみると至る所で大工事が行われている。

都心は全体が工事現場化されていることに驚かされた。

 

東北三県の復興、まだ終わらぬ除染問題、熊本地震、大阪地震、西日本の大水害、異常気象、多くの方々が亡くなられている。

最近ニュースには余りあげられないがリニュアーの工事の問題。

トンネルの公害土壌をどこに排出するのか報道されていない。

そればかりではない「富士山」や都心の放射線線量が発表されない。

 

特に、工事現場での人でが足りない、足りないと言われている。

益々、遅れる災害復興地の人手。

政府は予算を付けた、付けたと言うが人手はと聞きたい。

 

都心全体が工事現場化されている。

これで良いのかと素人の私でさえ考えさせられた。

3.11のとき、私たち日本人は一旦は立ち止まり己を還り見たはず・・・。

まだ私自身、還り観れていないが・・・。

日銀も政府も一体となって莫大なお金を市中に供給し続けている。

この返済は誰が担うのか。

日本のあるべき姿のグランドデザインを誰がしているのかと思う・・・。

 

少子化が進む中、経済が未来永劫に拡張するなどと思えない。

一時、市町村合併が進められたが何のためであったか今になっても解らない。

日本は、日本人は私も含めて全てに麻痺され、日常の生活に慣れっこに成っていないかと昨日、スクーターで都心を走りながら考えさせられた。

 

これで良いのか日本として、日本人と(私も含めて)考えさせられた。

疲れが一気に出てしまった・・・。

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。

 


スポンサーサイト

  • 2019.06.20 Thursday
  • -
  • 09:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links