<< 2018年11月2日 形式と内容の分離・・・。 | main | 2018年11月6日 アーウィンさんとの2人、珍生活5日目???。・・・。???。 >>

2018年11月5日 バトリックさんのトークショーについて。

「Hワークショップ」の主催者の渡部さとるさんがパトリックさんのトークショーの内容を完結に解りやすく纏めて戴いています。

写真を志している人、写真を撮る人にとても良い、参考になるアドバイズが数多く含まれています。

自身で参考になる部分を引き出して下さい。

きっと役立つと思います。

本日はその内容を紹介させて戴きます。

 

※先々週金曜日の夜は、ギャラリー冬青で現在行われている写真展の作家のトークイベントがあった。

 

パトリック・タベルナ写真展「夏の名残り−L'arriere saison」

http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_1810_taberna.html

 

彼を一言であらわせなら、旅先で家族を撮る写真家。

そんなの誰だって撮る。それを表現まで高めたひと。

パリでもっとも人気のあるギャラリーの作家で、世界中にファンがいる。

ITエンジニアとしての顔を持ち、休日を利用して自分の子供達を撮っている。カメラはローライも使うがメインはユビテルというトイカメラ。美しいスクエアのカラープリントとファンタジックな写真。

 

トークショーではいくつかの示唆的な言葉が語られ、とても面白いものだった。

 

家族を撮ったら まず最初に見せるのが約束

気にいってもらえなかったら箱に入れてしまって、時間が経つのを待つ

編集は撮影後時間がたってから行う。撮影時のイメージが消えてから

家族の中にある自分と外側の自分を往復する

セレクトによって家族写真という枠を外す

外部からの視点を持つ、だが外部からの視点にだけこだわるのは危険だと考えている

自伝的要素が強いもの

旅先であることの重要性

パリでの生活の中では写真を撮らない

プリントは専任のプリンターがいて週に一度はコミニュケーションをとっている

思春期のとき始めて撮ったのは彼女の写真

これは大成功だった

彼女は今の奥さんとなった

写真を専門的に習ったことはない

箱に入れてしまうことで撮ったときのイメージを一度忘れてしまう

コンテキストの分断

撮影と写真を分断する行為

 

そして一番響いたのが、今回の作品は彼がミドルエイジクライシス(中年の危機)に陥ったときのものだったことだ。はたから見れば幸せそのものの作家人生に見える。本人もとても幸せな人生だと思っていたそうだ。

 

ところが50歳を迎えたときに突然この幸せが消えてしまう不安に襲われたというのだ。写真も見たくないほどの落ち込みで、自分ではどうしようもない。そんな時でも作家として生きていかなければならない。

 

今はもう先回りして不安になるのをやめたのだと語っていた。終了後、彼に「実は僕もそうなんだよ。何年くらい落ち込んでいたの」と聞いたら「4年かかった」と言っていた、そして「時間だけが解決方法だった」とも。

 

そうか4年か。僕はまだ2年、まだまだだな。でも彼の話は同世代の写真をやるものとして響いた。聞く前と聞いた後では気持ちがちょっとだけ軽くなった。

 

来年1月はギャラリー冬青で僕の写真展が予定されている。準備をはじめないと。いい時も悪いときも写真で生きていく人生を選んだのだから。

 

「Hワークショップ」の募集。

このワークショップはとても実益にかなったプログラムが組まれている。

写真表現には5つの喜びがあると言われている。

1.撮る喜び。(スマートフォン〜クラシックカメラ「フイルムカメラ」まで)

2.セレクトをする喜び。(撮影講習の後、実際にセレクトを実習体験できる。行われる)

3.語り合える喜び。(主催者の渡部さとるさんもだが、同期、先輩とハード・ソフトについて語り合えること、連絡が取り合えること)

4.成長する喜び。(プロとしての写真家が数多く誕生していること)

5.発表をする喜び。(卒展が同期・先輩とともに展示会が出来る、卒業しても希望者には展示が継続的に出来ます)

 

※渡部さとるさんが主催される「Hワークショップ」はこれらが網羅されているカリキュラムが組まれている。

ギャラリー冬青でも、卒業生の中から写真集や写真展(3名の方々)させて戴いている。

 

■下記、トークショーのご案内でございます。

※トークショー=ヨン・アーウィン・シュタイヘリ氏×フォトグラーファー・ハル氏

本日=2018年11月9日(金曜日) 19時より先着30名様迄(後3名様)

会費=1.000円

※お申し込みはギャラリー冬青 <gallery@tosei-sha.jp>のメール、電話03-3380-7123にてお願い申し上げます。

 

■10年前より冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博の年賀状はとり止めをさせて戴いております。

 皆様におかれましても、ギャラリー冬青・冬青社・高橋国博宛ての年賀状はご無用と存じます。

 ブログの上で大変恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。 

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。


スポンサーサイト

  • 2018.11.16 Friday
  • -
  • 16:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links