<< 2019年1月15日 公文健太郎写真作品集「地を紡ぐ」が・・・。 | main | 2019年1月27日 写真と時間、その時間の中に・・・ >>

2019年1月8日 インフレエンザA型にかかりました。・・・

先々週の金曜日夜から多少、熱が36.6°(私の平熱は35.8°)が出始め、土曜・日曜は外出をせずに、家で養生していた。

夕方になるに連れ、熱は上がりはじめ39.9°まで達した。

今迄、私はインフレンザにかかったことはない。

昨年の11月中旬にはインフレンザの予防接種もしている。

特にインフレンザには注意をしていた積もりであった。

手洗い、うがいは丁寧にしていたつもり・・・。

 

先週の月曜日になっても熱は下がらず、先々週は写真集の印刷立ち会いがあり会社を3日間程、留守にしていたため、メールや仕事のことがのことが気になり、会社に向かっていたが念のためと思い、かかり付けの病院に行った。

そこには何時もの看護師の方が居られ、高橋さん今日はどうしましたかと・・・。

多少、熱があり薬を戴きに来ましたと伝えると・・・。

はい、熱を測って下さいと・・・。

計り終えると直ぐさまに小室に連れらていかれ隔離された。

高橋さん今からインフレンザの検査を致しますと言われ、綿棒を鼻の中にぐいぐいと入れられ、これがまた痛い。

この看護師さん美しくとても親切、年は45,6歳位と思う。

注射がとても上手い、他の看護師さんに比べても痛くない、しかし口調は何時も体育会系。

 

15分位待っていると、ハイ!!。高橋さんインフレンザA型です。

今から直に先生に見て戴きますが・・・。

これから最低でも6日間外出禁止です。

でも、多少会社で仕事を・・・と言いかけると、高橋さんインフレンザ菌を巻き散らかすつもりですかと・・・。

なぜ、マスクをして来なかったのですか・・・。

持っていませんので・・・。

不注意です、不用意ですと・・・。

ハイ!!。マスクです、直に付けて下さい・・・。

お子さんともなるべく接触はしないで下さいね。

手際が良く、一丁上がりといった感じ。

 

薬局には連絡が入っていて、ここでも隔離をされ吸引薬を薬局内で説明を受けて吸引した。

薬を受け取り我が家へ・・・。

夕方になると熱は更にピークを向へ40.2°まで・・・。

目をつぶると流れ星なようなものが、空間を飛びかょつている。

マスクを付け、娘がお粥を作ってくれて、私の寝室に持って来てくれた。

朝、出勤する前には朝、昼とそれぞれに異なるお粥を作ってくれてた。

ありがたいと思う。

持つべきものは「娘」かななどと多少、センチメンタルな気持になった。

大切な渡部さとるさんの写真展のクローズにも参加出来なかった。

 

それしても、翌々思う。

それにしても、つくづく思う。

大切な江成常夫写真作品集「Aftcr thc TSUNAMI」の凸版印刷さんでの印刷立ち会いのときに、インフレンザにかからなくて良かったと胸をなでおろしていた。

 

今日からフル回転です。

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。

 


スポンサーサイト

  • 2019.04.24 Wednesday
  • -
  • 10:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links