<< 2020年11月24日 鶴巻育子写真作品集「PERFECT DAY」本日・・・。 | main | 2020年1月29日 ざわざわ、ザワザワ・・・。 >>

2020年11月28日 お知らせ。

2020年12月31日を持って出版社としての冬青社、ギャラリーとしてのギャラリー冬青をやめると申し上げて参りました。

出版社としての冬青社の社長を2021年1月より岡野惠子様が引き継で戴くことになりました。

ギャラリー冬青は2021年12月31日まで高橋国博が責任を持ちまして、継続させて戴くことを決意させて戴きました。

ギャラリー冬青は2021年12月31日までございます。

 

今、思えば60歳の時、オーストラリアをオートバイで一周する夢を(60歳の時中型免許取得)5年間延長し、やり残した写真集への夢を想いを65歳迄に終えて、オーストラリアオートバイで一周する夢は65歳からでも遅くないと決意致しました。

大手出版社ばかりではなく、多くの出版社が写真集の出版から手を引き始めた時期でした。

全く真逆のことに一歩、足を歩み出すことに注目されたことを思い出します。

その注目とは決して良い注目だけではありませんでした。

あやぶいとの声、冷ややかな目や心配の目、励ましの言葉も多少ありましたがとても皆さんには心配をお掛け致しました事だけは、ハッキリと覚えております。

 

5年が過ぎ65歳になった時、写真の見方、考え方、特に編集や印刷表現の面白さや醍醐味を感じるようになりました。

ここで、やめてしまえば元の木阿弥になりかねないと思い70歳まで続けることを改めて決意を致しました。

それからは印刷表現におきましては凸版印刷の杉山さん、猪野さんのご協力により飛躍的に向上致しました。

海外からも注目を・・・。

スイスの写真家・コスタス氏の写真作品集の編集が始ります。

ハッキリと「写真作品集を芸術の花束として 世に送りだす」と言うことを強く意識致しました。

70歳になりました時、国内外の多くの写真家の方々から続けて欲しいとの声が強く寄せられる様になり今日まで参りました。

 

プライマリーギャラリーとしの意識を強く意識い致す様になりました。

プライマリーギャラリー・ギャラリー冬青と致しまして、多くの海外のギャラリー、写真家の方々に認知して戴けることになりました。

一人でも多くの若い(写真年齢)写真家の方々を世界にと、表現の場にとの想い続けて参りました。

皆様からの励ましの言葉が高橋の背中を押して戴き一歩、一歩前に進めて戴いたことは間違いありません。

岡野惠子様ことに付きましては折を見まして書かせて戴きたく思っております。

 

ギャラリー冬青の2021年12月31日迄のことを本日から考えて参ります。

Cプリント・銀塩作品・古典技法を中心に考えております。

 

※作家在廊日 火曜日〜金曜日 13時より19時

       水曜日     13時より21時 19時〜21時 渡部さとるサロン(写真談義を楽しんで下さい、時には高橋も積極

的に加わろうと思ってます。)

       土曜日     15時〜19時

 

●下記、コマーシャルは冬青社、ギャラリー冬青、高橋国博のブログとは全く関係がございません。

 


スポンサーサイト

  • 2020.02.21 Friday
  • -
  • 12:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
       
sponsored links